現代人の生活自体が肌への負担が大きいです。

肌荒れは、さまざまな要因もありますが大まかに説明すると血流が悪くなって体温が下がり新陳代謝が落ちることが原因です。今の私たちの便利な生活は、この血行不良を招きやすいものが多いともいえます。
日ごろから少しずつでも意識して改善していきたい生活習慣をご紹介します。

時間があるときは、極力歩く!お肌も体も健康に

交通機関の発達、洗濯機や掃除機といった家電製品の普及によって現代人は明らかに運動不足です。 筋肉を動かすことによって熱を生み血行が良くなるのですが、それを怠っている状態です。 体の40%の熱量は筋肉から生み出されるので筋肉が貧弱では健康な体も肌も保てません。 手っ取り早くお金もかからない方法はウォーキングです。会社や学校など目的地があればなお結構なことです。2~3キロ圏内なら当然のように歩きましょう。

肌の健康を守るには夏の過ごし方にも注意が必要!

次に夏の過ごし方の問題点です。もともと夏というのは一年のうちで最も基礎代謝が落ちる時期です。暑さをしのぐある種の防御作用なのです。食べ物もアイスクリーム、かき氷、ビール、キュウリ、トマト、スイカといった旬の食べ物は体を冷やす作用がありそのような物を私達は口にしています。基礎代謝がおち、冷たい食材を食べているところに、現代社会ではクーラーが当たり前になっていてがんがん冷やすことでさらに体が冷えてしまうのです。 入浴方法も夏場になるとシャワーで済ませる人も多くなりました。これも体を冷やす原因です。湯舟につかるのは全身の血行を良くし体の機能や細胞の新陳代謝をあげるというきちんとした理由があるのです。クーラーで冷え切った夏こそ必要なのです。