お風呂でのリラックスタイムは、肌ケアには欠かせない!

入浴は日常生活の中で簡単に出来る血行促進法です。しかし最近はシャワーだけで済ませ湯船にゆっくりつからない人も多くなっています。シャワーだけで体を芯から温めることは出来ません。入浴は結果的に肌に潤いをもたらせてくれます。保湿クリームに頼りすぎず、自分の力で自然と内側から保湿する体質を作りましょう。

お風呂での乾燥肌対策アップを狙うひと工夫

効果アップを期待するなら自然塩をひとつかみ湯船に入れたり、冬場には乾燥肌に効くゆずを入れるとヒビ、アカギレ防止に役立ちます。 レモンも美肌に効果的です。いずれも1個を半分に切って湯船に入れます。 自宅で簡単に出来る「薬湯」です。

効果的な入浴方法は、王道の半身浴

最近人気を博している「半身浴」。体を芯から温めます。ぬるめの湯にみぞおちの下までつかり20~30分かけて入浴する方法です。肩まで浸かってしまうと心臓にかかる負担が大きいのです。夏は38度、冬は40度くらいを目安にします。30分以上浸かると入浴中と入浴後に汗をたくさんかきます。冬は上半身が冷えてしまわないようにあらかじめ浴室を温めておくか、タオルを肩にかけておくなどの対策をしましょう。

どうしても時間がないという方は、ながら足湯がおすすめ!

忙しくて時間のない時におすすめなのが「足浴」。洗面器に湯をはり足首から先を10~15分つけます。シャンプーしながらや洗顔しながらも気軽にできます! 足の裏は第2の心臓といわれていて、下半身の血流が良くなります。美肌効果だけでなく、腰痛やひざの痛み、むくみや水太りも解消されます。