野菜ジュースで心も体も元気!

色の濃い食材は体を温めるものが多いのですが、黒っぽい色をした蕎麦も北方産の食材で体を温め血行をよくする働きがあります。 ロシアのような寒い土地では蕎麦がよく育ちそば粉を使った郷土料理が日常的に食べられています。

蕎麦は、胃にやさしいだけじゃない!

また蕎麦は消化がよく、胃腸に負担がかかりません。 そのうえ蕎麦には糖類と必須アミノ酸8種類をすべて含んだタンパク質、ビタミン、ミネラルを存分に含んでいます。そのため他の食材と組み合わせることで立派な1食分のメニューとして成立します。

そばっち

蕎麦には、昔からネギ・七味唐辛子がつきものですが、これも理由があって、ネギに含まれる硫化アクリルや唐辛子のカプサイシンが血行を良くし体を温め発汗作用を促す働きがあるためです。 また、わかめそば、とろろそばはメニューとして定番であるのも、わかめにはビタミン・ミネラル等、体によい成分を他の食材より豊富に含んでいるし、山芋のネバネバ成分は滋養強壮作用があるからです。 ざるそばについてくるワサビ。ワサビには食欲増進効果や抗菌作用があるため、食中毒を防いで胃腸の調子を整えてくれます。まさに夏に食べたくなるメニューなのです。 体を温めながら必要な栄養素もきちんと補える蕎麦メニューを美肌作りのために日々の定番メニューとして取り入れていきましょう。