お肌のための食材を収穫地から選ぶ方法

乾燥肌の人は新陳代謝が上手く機能していない状態です。体を温めて血流をよくし、余分な水分を体の外に出す働きをする食材を積極的に取り入れるようにするのが理想的です。

体を冷やす食べ物は南方産、温めるのは北方産

一般的に北方産の食材は体を温め、南方産の食材は体を冷やします。その土地で採れる食材はその土地で生き延びるのにふさわしい性質を持ち合わせているのです。自然の摂理にかなっているといえます。

また、日本のように四季のある国では、夏はキュウリ、ナス、トマト、といった水分を多く含んだ体を冷やす食材が旬となりますし、冬場はレンコン、人参、ゴボウ、芋類といった根菜類が採れます。 同じ果物でも、バナナ、パインナップル、マンゴー、スイカ、レモン、みかん、といった温暖な地域で採れるものは体を冷やし、ブドウ、サクランボ、プルーン(コーカサス原産)やりんごといった寒い地域で採れるものは体を温めます。

勘違いしていることが多い食材

塩鮭やタラコ、蕎麦も北方系の食材なので体を温めてくれます。逆に、カレー(インド原産)、コーヒー(エチオピア原産)は体を冷やす食材です。カレーは熱い物を食べているし、コーヒーもホットならいいのでは、と思われがちですが、温めたところで基本的な性質は変わらないものなのです。